彼氏が早漏だったら女性はきっとガッカリししてしまうはず!女性に嫌われないためにも早漏を改善しましょう。現在では、早漏の治療薬もあるのでそこまで悩まなくても対処できます。当サイトでは早漏について解説していきます。

色々な薬
  • ホーム
  • ボウハツマンでも衰弱性早漏になるので早漏には注意

ボウハツマンでも衰弱性早漏になるので早漏には注意

若い頃ボウハツマンと呼ばれるほど性行為を楽しんでいた人でも加齢によって衰弱性早漏になるケースがあります。
精神的な問題で早漏になるケースもありますが、身体的な問題で早漏になることもあります。
衰弱性早漏のほかに過敏性早漏というものもあります。
これは亀頭が刺激に敏感になり過ぎて射精してしまう現象です。
刺激に対する興奮が大きくなるほど射精しやすくなることが特徴ですので精神的な早漏と共通する特徴があります。
この場合には包茎で亀頭が皮に包まれており、刺激に慣れていないことがありますので普段から亀頭を露出させておいて刺激に慣れさせておくことで防ぐことができます。
性行為時にのみ亀頭が露出しますので敏感になり、射精しやすい状態ということが言えます。
衰弱性早漏は加齢に伴って男性ホルモンが減少するため射精のコントロールができなくなってしまいボウハツマンになります。
精力そのものの減退にもつながってきますので勃起力の減少や持久力の減少にもつながります。
放置しておくと満足のいく性行為が出来ない可能性もありますので異常を少しでも感じたら早めに医師の診察を受けることがおすすめです。
真性包茎で悩んでいる人は亀頭がほとんど見えない状態なので包茎手術をすることがベストです。
仮性包茎の人でも亀頭を露出する時間を増やして刺激に慣れさせておくことが必要です。
射精管閉鎖筋を鍛えることによって射精をコントロールすることが出来ますのでおしっこをある程度我慢することで鍛えることができます。
射精管閉鎖筋が弱まってくることでおしっこが漏れるような感覚で射精してしまいますのでオーガズムに達する前に射精してしまいます。
若い時に出なかった症状を性行為時に感じたら医師に診てもらうことが必要です。

関連記事